【ルテイン】サプリメントの口コミ効果や副作用は?

目を守る心強い味方「ルテイン」って何?

      2016/03/25

あまり聞き慣れない言葉ですが、ルテインは外部の刺激から大切な目を守ってくれる、私たち人間の体にとって欠かせない成分です。

今回は、そのルテインの特徴についてまとめてみました。

ルテインは体内に元々持っている

ルテインは、人間の水晶体や黄斑部にもともと存在しているものです。カロテノイドの一種であり、黄色の天然色素。

紫外線や青色の光から目を守る役割を果たすため「天然のサングラス」と呼ばれています。また、体内で生成することはできず、加齢とともに減少するので、外部から積極的に補給してやる必要があります。

ルテインの高い抗酸化作用

紫外線や青色の光は、体内に活性酸素を作り出す原因となります。ここでいう「青色の光」とは、テレビやパソコン、蛍光灯などの電化製品から発せられるブルーライトのこと。

今やどこにいても電化製品に囲まれている現代人は、それだけ活性酸素の脅威にさらされやすくなっているのです。

ブルーライトは光線の中でもエネルギーが強く、細胞を強力に破壊します。

体の他の部分と違い、人間の目は常にむき出しの状態なので、長時間ブルーライトを浴び続けると目の状態はどんどん悪くなってしまうのです。

ルテインは、活性酸素を除去し、過剰な発生を防ぐ力を持っています。
そのため、眼病予防に非常に効果的です。また、目だけではなく、心臓病や肺がん予防にも効果を発揮します。

食品に含まれているルテイン

ルテインは、緑黄色野菜に多く含まれています。特にほうれん草に多く、100g中10.2㎎と高い数字が。他にも、ケール、レタス、かぼちゃ、ブロッコリー、マリーゴールド、グリーンピース、いんげん、芽キャベツ、とうもろこし、キウイ、卵黄、セロリなどにもルテインは含まれています。

マリーゴールドはちょっと特殊ですが、食べられる花なのでご安心を。それ以外の食品はスーパーで簡単に手に入るものばかりなので、ルテインが不足しないよう、ぜひ毎日の食事に取り入れてみてください。

このように、外部の刺激から目を守るため、ルテインは欠かせない成分です。
食品からルテインを摂る方法はこちら

意識して補給してやらないと減ってしまうので、日頃よく目を使う人ほど食品やサプリメントでルテインを補ってあげるようにしましょう。

 - ルテインの基礎知識