【ルテイン】サプリメントの口コミ効果や副作用は?

ルテインにはどんな効果・効能があるのか

      2016/03/25

目になんらかの違和感を感じると「眼病かな?」と心配になりますよね。

そうでなくても、目は常に外部の刺激に晒(さら)されているので、非常に傷つきやすいものなのです。そんなデリケートな目を守ってくれるのが「ルテイン」。その効果・効能についてまとめてみました。

目を有害な光からガードする

目に有害な光とは、紫外線やブルーライトのことです。

ブルーライトは、パソコンやテレビをはじめとする電化製品から出ているもので、家の中でも外でも電化製品だらけの環境で暮らしている私たち現代人は、常にこのブルーライトに晒されているといっても過言ではありません。

ルテインは、目に届いた有害な光を吸収してブロックします。

また、防ぎきれなかった光が細胞に届き、それが活性酸素に変わって水晶体をサビさせるなどの悪さをしようとしても、ルテインの持つ抗酸化作用が活性酸素と戦い、無害化して目のダメージを防ぎます。

眼病を防ぐ

加齢、長時間のパソコン作業、不規則な生活、栄養不足など、目の病気の原因はさまざま。しかし、それらの改善を図る事と、目に必要な成分を摂取する事である程度病気を防ぐことは可能です。

ルテインは他のカロテノイドとは違い、体内に吸収されてもビタミンAに変化しません。そのため、ビタミンAに変化した残りだけを眼病予防に使うのではなく、まるごとそのまま抗酸化作用の強い成分として利用することができます。

肌の老化を遅らせ、婦人病を防ぐ

肌の老化の原因のひとつに、活性酸素があります。活性酸素はただ呼吸をするだけで発生してしまい、たまればたまるほどシミやシワの原因になります。

ルテインは活性酸素に対抗する力が強いので、必要量をきちんと摂っていれば目や肌のアンチエイジング効果が期待できます。また、ルテインは女性の体内の特に乳房や子宮頸部(けいぶ)に多く存在し、腫瘍の成長を抑えてがんのリスクを下げる働きもしています。

目の健康に役立つだけではなく、美容にも効果を発揮するルテイン。

仕事でパソコンを使うことの多いお父さん、シミやシワが気になり始めたお母さん、視力を落とさないために目の健康に気を使いたい子供と、家族みんなで積極的に摂っていきましょう。

 - ルテインの基礎知識