【ルテイン】サプリメントの口コミ効果や副作用は?

目の危険信号!ルテインが足りなくなるとどうなる?

      2016/03/25

ルテインは、目の健康を守るため欠かせない成分です。しかし、もともと体内に備わっているものは活性酸素と闘ったり、飲酒や喫煙などによってどんどん減っていきます。

もし、ルテインが足りなくなったら、どのような危機に陥ってしまうのでしょうか?

眼病を引き起こす

ルテインが不足すると、紫外線やブルーライトなどの外部の刺激から目を守る力が弱まります。そして、体内で発生した活性酸素と戦うことが困難になります。そのため、さまざまな目の病気を引き起こしやすくなるのです。

考えられる病気は、

・白内障
・緑内障
・黄斑変性症
・疲れ目
・ドライアイ
・仮性近視
・老眼
・飛蚊(ひぶん)症
・網膜はく離

などです、この中には、症状が進めば失明に至るものもあります。

ルテインが足りなくなる原因

ルテインが不足する原因は、主に次のようなものです。

・加齢により、もともと備わっていたルテインが減少する
・飲酒や喫煙、ストレスや紫外線など、体内に活性酸素を発生させるものと戦って減少する
・食事から必要な栄養をとれていない

現代人の生活は、パソコンやスマホで暇さえあれば液晶画面を見ていたり、仕事が忙しかったり作るのがおっくうでコンビニ弁当ばかり食べていたりと、目に悪いことだらけです。

なるべく目を休ませる時間をつくるとともに、ルテインを多く含む緑黄色野菜を取り入れた食事を取るよう心がけましょう。

ルテイン不足にならないために気を付けること

目の健康に必要なだけのルテインを維持するには、人間らしく規則正しい生活を送ることが大切です。

不規則な生活が続くと、活性酸素の元であるストレスが増えます。すると、その増えてしまった活性酸素と戦うために、たくさんのルテインを消費してしまうことになるからです。飲酒や喫煙もなるべく控えましょう。そして、簡単な献立でいいので栄養バランスのとれた食事をすること。

ルテインは脂溶性なので、油を使った料理と一緒に摂ると吸収率が高まります。また、運動のしすぎは活性酸素を減らすどころか逆に増やしてしまうので、心地よい疲労を感じる程度にとどめておいたほうが無難です。

ルテインが足りなくなると、失明を招くこともある恐ろしい眼病にかかりやすくなります。日頃の生活習慣が深く関係するので、なるべく規則正しい生活を送るようにしましょう。

 - ルテインの基礎知識