【ルテイン】サプリメントの口コミ効果や副作用は?

体と同じように目も老化する。原因と対処法

      2016/03/25

「最近見えにくくなった」「なんとなく目に違和感がある」このような自覚が出てきたら、それは目の老化が進んだ証拠かもしれません。

老化を避けることはできませんが、進行を遅らせることは可能です。今回は、目が老化してしまう原因と、その対処法についてまとめました。

目が老化したサイン

新聞や本を読むとき、無意識に遠ざけようとしてしまう。これは老眼が始まった証拠です。また、目の前が白くかすんでしまうのも老化現象のひとつ。

いわゆる「白内障」の初期段階に入ったと言えるでしょう。個人差がありますが、多くの人が40歳を超えたあたりから老眼を自覚し始めます。

目が老化する原因

文字を読むとき、対象物を遠ざけようとするのは、そのままではピントが合わないからです。

年をとると水晶体の弾力が低下して固くなり、水晶体を支える毛様体筋の働きが悪くなって、ピントを調節する機能が衰えるために起こります。

白内障の原因は、水晶体内部のたんぱく質が変性して白く濁ることです。その結果、集めた光がうまく眼底に届かなくなり、目がかすむ、まぶしさを感じる、視力が低下するなどの症状が現れるのです。

また、徐々に視野が欠けて最後は失明する緑内障も老化現象のひとつ。視力の低下がないことから発見されにくいので、眼科の定期検診は必ず受けるようにしましょう。

老眼の対処法

老眼の発症を遅らせるには、とにかく目をいたわることです。

眼精疲労が進めばそれだけ目の機能も低下しやすくなるので、長時間休みなしのパソコン作業などはやめましょう。

見えにくさを我慢すると目が疲れるので、度の合ったメガネやコンタクトレンズを使用することも大切です。目の乾燥を感じたら、水分補給をしたり、目薬をさすなどの対策をとりましょう。老眼が進んでしまったら、それ以上悪化しないよう食い止めることが重要です。

眼科で検査や治療を受けながら、早寝早起き・栄養バランスのとれた食事など、規則正しい生活を送るよう心がけましょう。目をいたわり、疲れないようにすることで老化のスピードは遅くなります。

「たかが疲れ目」と軽く考えず、その都度こまめに対処していきましょう。また、眼病の早期発見のために定期的に眼科を受診することも大切です。

 - 目の健康に関するコラム