【ルテイン】サプリメントの口コミ効果や副作用は?

眼病予防に役立つ成分といえばコレ!ルテイン

      2016/03/25

オゾン層の破壊が進み、地上に降り注ぐ量が増える一方の紫外線。

どんどん便利になる生活とは引き換えに、人体に有害なブルーライトを出し続ける電化製品。これらの有害な光から守り、目の機能を正常に保ってくれるのがルテインです。

その特徴と効能について説明します。

ルテインとは?

ルテインは、600種類以上存在すると言われるカロテノイドのうちの一種。人間の体内(目では水晶体や黄斑部)にもともと存在していますが、新たに作り出すことはできません。

また、加齢やストレス、有害な光などによってどんどん減っていくので、目の健康を守るためにはどんどん補給していかねばなりません。

摂取量の目安は、健康な人で1日あたり6~12㎎、目にトラブルを抱えている人で1日あたり20㎎程度。

どんなものに含まれるの?

ルテインを含む食品は数多くありますが、手に入りやすいもので最も含有量が多いのは緑黄色野菜です。

特に、ほうれん草やケールなどの葉野菜に豊富に含まれているので、目の健康が気になる人は積極的に摂るようにしましょう。

また、ルテインは脂溶性なので、油を使った料理と一緒に摂るとより吸収率が高まります。
食事からじゅうぶんな量を摂るのは難しいという場合は、サプリメントを利用するのもひとつの方法です。

しかし、石油系の化学合成で作られたルテインは、あまり摂りすぎると吐き気や頭痛、めまいなどの副作用を引き起こすので注意しましょう。

サプリメントにも天然のルテインから作られているものがあるので、できるだけそちらを選ぶといいですね。

どんな効能があるの?

ルテインは、有害な光を吸収し、ブロックしてくれます。

また、防ぎきれなかった光が体内に入り込んで活性酸素となった場合、それと戦って無害化し、水晶体のサビつきなどを防ぐ効果もあります。

その結果、白内障や緑内障、黄斑変性症、飛蚊(ひぶん)症など、症状が進めば失明する可能性もある恐ろしい眼病を防いでくれるのです。

不足すると目の機能を正常に保つことが困難になり、年齢が若くても眼病にかかりやすくなります。特に、日頃パソコン作業などで目を酷使している人は気を付けてください。

ルテインが不足すると、外部からの刺激に弱く、目の機能を保(たも)てない危険な状態になります。こまめに補給して、目の健康を保ちましょう。

 - 成分一覧表