【ルテイン】サプリメントの口コミ効果や副作用は?

ルテインの副作用・過剰摂取は何か問題があるのか

飲み過ぎはダメ?ルテインの副作用

ルテインという成分は、眼の病気や活性酵素を除去する効果が期待できるため動脈硬化にもいいと言われています。

ルテインを摂り過ぎる事で起こる副作用はあるのか調べてみました。体に入れる成分なので、副作用などはしっかり知識として勉強しておきましょう。

ルテインの副作用

ルテインの過剰摂取は、「厚生労働省基礎研究班」の発表で、1日35mgのルテインを1週間撮り続けても問題が無いということが報告されています。

しかし、これはあくまで「天然ルテイン」の場合です。実はルテインには、天然ルテインと合成ルテインに分けられています。天然ルテインであれば問題ないですが、問題は合成ルテインの方です。

合成ルテインとは、石油を原料にし化学的に合成されたルテインの事で、合成ルテインを摂取すると発ガン、胸やけや嘔吐などの症状が出ると報告されています。

また、合成ルテインを摂取している人が、飲酒、喫煙を行うと副作用の発生確率が高くなるようです。喫煙者が合成ルテインを撮る事で肺ガンのリスクも高くなります。

ルテインといっても原料や作り方に注目し、天然のルテイン購入するようにしてください。

ルテインの過剰摂取は大丈夫なの?

ルテインの1日の摂取量は6~10mgと言われています。

食品からルテインを摂るのは難しいですが、サプリメントなら簡単に接種する事が出来ます。
簡単に飲めるからといって、ついつい余計に飲んでしまうかもしれません。

もちろん天然ルテインなら問題はないですが、適度に摂取する事で体に負担をかけずに用量を守って服用しましょう。

当サイトの天然ルテインのサプリメントランキングを確認してみましょう。

ひとみの健康に!みんなが選ぶサプリメント人気ランキングはこちら

公開日:
最終更新日:2016/03/25