【ルテイン】サプリメントの口コミ効果や副作用は?

ルテインでドライアイ、動脈硬化、緑内障、飛蚊症、眼病の予防に

ルテインでサラサラの血液へ

ルテインには、ドライアイ、動脈硬化、白内障、緑内障、飛蚊症、黄斑変性症といった病気や症状を改善・緩和させる働きがあるとよく話題になります。なぜそのような事が起こるのかまとめてみました。

ルテインが不足し始めると、目が疲れたり、ドライアイ、眼精疲労などの症状に悩まされます。

目なんてそんなに重要に考える事はないでしょと思っていると、ドライアイ、動脈硬化、白内障、緑内障、飛蚊症、黄斑変性症など様々な症状や病気を引き起こしてしまうかもしれません。

ルテインの不足だけではなく、ストレスや老化も関係します。

特に目は外部からの影響を受けやすいのも原因です。ルテインには目を守るサングラスのような働きがあり、ルテインが減少する事で目を守れなくなってしまいます。そのため、症状や病気になってしまう事も。

ルテインには抗酸化作用があり、活性酵素を除去してくれます。活性酵素は、体にある脂肪を酸化させる事で「老化」させる成分です。

ルテインが体内から減ってくると、この活性酵素を除去できなくなり老化が進み目のトラブルが起こってしまいます。

体内でルテインを作る事は出来ないので、年を取るほど不足しがちになってしまいます。出来れば体の外から意識して摂取してあげないと目の症状、病気が進行してしまう恐れも。

ルテインが不足する事で起こりうる病気・症状

・ドライアイ

涙の量が不足する事で、涙が目に均等に潤わずに目の表面に傷がついたりする病気。パソコンや携帯、エアコンのせいで患者が増えている。

・動脈硬化(どうみゃくこうか)

動脈にコレステロールや中性脂肪が溜まる事で、血管が詰まったり硬くなり弾力性をなくして硬くもろくなってしまう状態。進行すると心筋梗塞や脳梗塞、脳出血を起こす可能性もある。

・白内障(はくないしょう)

目の中にある水晶体というレンズのような役割をしてる物が濁る事で、視力が低下する病気。視界がかすんだり光をまずしく感じたりします。

・緑内障(りょくないしょう)

目が疲れたり、かすんだりする、一部では吐き気や頭痛も自覚症状として現れます。自覚症状があまり出ないので気付きにくい。

・飛蚊症(ひぶんしょう)

蚊のような小さいゴミのようなものや、糸くずのようなものが視界に見える、目をこすっても消えない。老化やストレスが中心。

・黄斑変性症(おうはんへんせいしょう)

見ようとするものが歪んで見えたり、中心がぼやけるなどして視界が狭くなってしまう病気、進行する事で視力が低下してくる。

ひとみの健康に!みんなが選ぶサプリメント人気ランキングはこちら

公開日:
最終更新日:2016/03/25